もう1回冷静に考える時間

象牙の印鑑イメージ

実印にする印鑑を購入するときは、できるだけ慎重に事を進めましょう。
印材の中で最高の印材といわれている象牙ですが、その象牙の印鑑を作成するときには、政府を通して正規の輸入ルートで輸入されていることがちゃんと証明できるか、「政府の認定証」等の確認は必要です。

最近ではチタンで作られた印鑑も人気がでてきました。
イオン化がしにくいため、アレルギー体質の方にも優しいノンアレルギー素材で、印面が反らないため半永久に美しい印が得られます。

個人の証明となる実印として登録することが可能な印鑑は、2つと同じ物があってはいけませんし、印影が変わることがないように変形しない素材で作られた印鑑でなければなりません。
そうでなければ、登録先の市区町村の役所で断られてしまいます。ゴム印やシャチハタは当然問題外です。

また、実印は印鑑を作成しただけではまだ実印と呼べず、市区町村の役所の印鑑登録の届けを提出し、登録が完了してこそ、あなた自身である事を立証する唯一の印鑑、実印となります。
はんこ屋さんにお願いすると、世界に2つと同じ印影がない実印を作ってくれますが、手作業で作るため同姓同名の方でも同じ印影はできません。

また、実印はアタリといわれる天地を知らせる目印がついていません。
円柱形の横から見ても上から見ても、印影の天地がわかりにくくなっています。

印面を見てはじめて判断できるかと思いますが、これは重要書類に実印を捺す時に、印鑑を押す前に印影を確認しながら、この契約についてもう1回冷静に考える時間を作ってくれる為だといわれています。

ページの先頭へ